少なからず体臭は誰でも持っていますが、臭いがきついレベルまで行くと気が休まらなくなってしまいます。香水やボディクリームや石鹸などのあらゆるグッズを使って撃退しないとまずいと思い、いいものを見つければ真剣に購入を考えてしまいます。
しかし、売られているグッズの1個1個が高いからなかなか足を踏み出せません。
そして体臭がきついと、この人はお風呂に入っていない不潔な人なのではないかと勝手なイメージを抱かれてしまうので辛いです。
お風呂の入りかたでは湯船派かシャワー派にわかれますが、体臭予防にはシャワーはおすすめしません。
なぜなら湯船のように汗をかかないからです。汗をかくと溜まった雑菌と皮脂汚れを体の外に追い出してくれるために、体がリセットされます。シャワーだと皮脂汚れが残ることになるので汗をかけば臭いがまた戻ってきます。

更年期が近づくと女性ホルモンが減少することで臭いがきつくなるそうです。女性ホルモンがちゃんと働けば体臭は防げるのではないかと解釈しています。
食事から対策することもできます。豆乳、納豆、豆腐が女性ホルモンの働きを高めることを知っています。だから、毎日の食事で摂取するように心掛けています。

オススメのワキガサイト

http://xn--tqqq42ewwo6ih.com/category9/entry30.html

今日はお昼のご飯に納豆を取りいれました。独特のにおいのある納豆は、ショウガを少しすりおろして食べたり、梅肉と一緒に食べるとさっぱりした味になって美味しいです。
醤油で食べる一般的な食べ方もいいですが、ショウガのようなアクセントになる薬味を取りいれると飽きずに続けられます。。

モワッとした体臭が良くないのは、その場の空気を一瞬でも悪くしてしまうことです。特に食べ放題やビュッフェなどでそんな体臭を出してしまったら、周りの人たちから間違いなく迷惑がられてしまいます。
体臭は止めようがないときもありますので、体臭を出しているからといって一概にその人だけを責めることはできません。ただ、モワッとした体臭を出さないことがやはりマナーですし、完全に防ぐことは無理としてもできる限り出さないよう努力することが大切です。

お酒を飲んだ後ってやっぱりアルコール臭が残りますよね。
翌日になったらおさまっているように思いますが、量によってはそのまま体臭として残ってしまいます。
自分ではなかなか気づかないんですが、周りからは相当臭うってことが多いんです。
寝室が臭いってくらい、体臭がきつくなっていることもあります。
アルコールは体臭を強める働きがあって、分解されるときに独特の臭いの物質に変わります。
毎日たくさんのお酒を飲んでいると、この臭いが体にずっと留まってしまうので、体臭が悪化してしまうと言われています。
こうなると、お風呂で体を洗っても臭いを改善することは難しくなります。
健康のために適度なお酒はいいことですが、飲み過ぎには要注意。